インターネットの【下り最大】ってどんな意味?

インターネットのまめ知識

皆さんはインターネットのサービスを選ぶ際どこを見て判断しますか?

値段と同じくらい大事なのが回線のスピードではないでしょうか?

そんな折、パンフレットや広告でインターネットの説明を見ていると、

「下り最大○○Gbps!!」と書かれているのを目にすると思います。

これは、そのインターネット回線がどのぐらいの速度が出るのか?という事を表している一つの指標となるのですが、

その「下り」とは一体どういう意味なのでしょうか?気になった方も多いと思います。

本日はこちらの疑問にお答えしていきたいと思います。

下り=ダウンロード

まずは、インターネットの回線には2つの種類がある事を説明します。

一つ目はもちろん「下り(くだり)」です。

そしてもう一つは「上り(のぼり)」と言います。

下りは英語で言うとダウンロード。上りはアップロードと呼ばれます。もしかすると、これだけでピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

インターネットはそれぞれ行う作業の内容に応じて、下り線と上り線を使い分けているんですね。

まるで自動車の高速道路みたいです。

下りを使う作業

主に下りの回線を使う作業はこんな感じ。↓

  • Webサイトの閲覧
  • 動画視聴(Youtubeなど)
  • メール受信、LINE受信

これらの作業をする際は下り最大○○Gbpsという表記が参考になります。

基本的にインターネットを使って、何かを見る専門の方が多いので、その方たちの参考値として、

インターネットの広告では下りの最大速度が謳われることが多いのです。

上りを使う作業

主にエンジニアの方や、インターネットで仕事をされている方などが気になる値が上り回線の速度です。例)Youtuberなど

下りの速度が早ければ上りも比例して早い事が多いのですが、基本的には光回線は上りが速いので有名です。(ケーブルテレビやADSLと比較して)

  • クラウドにデータをアップロード
  • 動画の投稿
  • メール送信、LINEの送信(写真も)

ベストエフォートとは?

インターネットの速度に関する記述の下に細かい字で「こちらはベストエフォート式の為なんちゃらかんちゃら」と必ず書かれていると思います。

このベストエフォートと言うのは、その回線で出る速度の理論上の最大値の事です。

例えば、NURO光の最大値は下り2Gbpsですし、auひかりやソフトバンク光の最大速度は下り1Gbpsです。しかし、実際に契約して速度を測ってみると分かるのですが、その最大速度が出る事はまずありません。これがベストエフォートの落とし穴です。あくまで理論上の最大値ですので、もっとも速度が出る普通じゃあり得ないくらいいい環境の場合に出る値。だと思った方がいいでしょう。

ネットの速度を遅くする原因

では、実際のインターネットがベストエフォートの値より遅くなる要因にはどんなものがあるのでしょうか?

簡単に説明します。

1.宅内の利用者の数

これが最も大きな原因となるわけですが、インターネットは同時に利用する利用者の数が多ければ多いほど速度が低下するサービスです。

例えば、いくら下り1Gbps(1000Mbps)のインターネットを契約しているご家庭でも、

5人家族だったとして皆が同時にインターネットを利用した場合、一つの回線を目には見えない形で(無線LANの場合)分け合っていることになるので、一人で利用している時より、速度が落ちます。

単純計算で1000÷5で一人あたり200Mbpsの速度が割り当てられるイメージです。

2.宅外の利用者の数

こちらはより根本的な速度低下の原因となります。

一昔前に言われていた、フレッツ光が遅くて、auひかりは速い。

みたいなことの原因はほとんどがこれだと思います。

というのは、インターネット回線は、あなたのご家庭に接続される前、

大本の光ケーブルを分配させて各ご家庭に繋いでいます。

となると、近所のお家で我が家と同じ光ファイバーケーブルを使用したインターネットが使われている場合、速度が低下する可能性が高くなります。

例えば自分の家の向かいのAさんの家が「フレッツ光」だとしましょう。

そして、自分の両サイドお隣の家のBさん、Cさんも「フレッツ光」利用中だとします。

そこに新たに自分自身が「フレッツ光」を申し込んだ場合、

思ったようなインターネットの速度が出ない可能性が高まる。という事です。

戸建てだけではなく、マンションも同様です。

同じマンションやアパート内に同一サービスのインターネットに申し込み利用している人が多くなればなるほど、同時利用者の数が多くなる可能性が高まり、速度が低下します。

なにも同じ家の中で使用する人の数だけが関係しているわけではないのです。

ただし、これは一定仕方がない部分もあり、特に集合住宅では各インターネットの割安料金に設定されているマンションタイプを利用しようと思うと、大家さんがあらかじめ決めて設備(マンションラック)しておいたインターネットサービスしか加入ができない。という可能性が高いからです。

逆を言うと、マンションタイプの方が戸建ての料金より安いのは、それだけ速度が遅くなるから。

と言えるかもしれませんね。

3.同時利用者の質

質と言うと聞こえが悪いですが、何が言いたいかというと同時に使っている人がネットを使ってどんなことをするかも関係している。という事です。

基本的に家のインターネットの契約には速度制限は無いのが普通ですが、

これが例えば、四六時中でっかいデータを転送し続けている人が近くに住んでいて、たまたま同じネットのサービスを使っていた場合、残念ながら速度がまるで出ない。という可能性だってあるわけです。

今の時代はインターネットでやり取りされるデータのサイズもどんどん大きくなっているので、4K動画やそれ以上の画質のデータをネットでやり取りする事を考えた時、回線の重要性はより高まっていると感じます。

なので、出来る事なら周りとかぶらないネットサービスを使う事をおすすめします。

その筆頭が今のところはNURO光です。関東、関西、東海にお住まいの方はラッキーですね。

4.無線LANルーターの性能

今、インターネットに接続する機械でLANポートと呼ばれる、

インターネットの線を接続できる穴が付いている家電製品がどのくらいあるでしょうか?

パッと思いつくのは、パソコン、テレビ、固定電話くらいです。

それ以外の、スマホ、タブレット、プリンタ、ゲーム機、カメラ、エアコン、冷蔵庫などはそもそも有線接続出来ない構造ですよね。

という事は、時代的にインターネット接続=無線(ワイヤレス)というのが常識。ということです。

さて、そんな時よく考えてほしいのは、あなたが今使っている無線LANルーターです。

無線LANルーターというのは、インターネットのONU(昔はモデムと呼ばれていた)という四角いランプが光った機械に繋がっている、黒とか白のこれまた四角い縦長な機械の事です。

これが家の無線インターネットのすべてを握っているんです。

よくあるパターンとして、せっかくインターネット回線は速いものを契約しているにも関わらず、

無線LANルーターをケチってチープなものを使っているパターン。

これでは思ったようなスピードは出ませんよ!

無線LANルーターはパッケージに書かれている通り、その機械で出せる無線の最高速度が書かれていますので、そちらをよく確認して、速い回線にはより性能の高いルーターを無理してでも買うようにしましょう。

おすすめは一戸建てなら最低でも6,000円~10,000円くらいのものです。

無線LANルーターに関してはこちらで詳しく説明しているのでよければご確認ください。

無線LANルーター(Wi-Fi)は間取りで選ぶ!プロ直伝のおすすめルーター
インターネット屋さん時代に、パソコンやネットに超詳しい先輩に 「無線ルーターはどこがいいんですか?」と聞いたら、 即答で『NEC』と返ってきたんで、それ以来NECの無線LANルーターを使ってます笑 多分、バッファローでもア...

5.そもそも有線接続の方が速い

利便性は置いておくとして、速度だけで言うならば、

比較するまでもなく無線接続より有線接続の方がはるかに速く安定した速度が出ます。

(無線LANルーターを使ってLANケーブルなしにネットに繋ぐ方法より、LANケーブルをONU(回線終端装置・モデム)に直繋ぎしてパソコンなどに接続する方法の方が速いという事。)

なので、時代的にデスクトップよりノートPC。なんならタブレットやスマホ。という流れから、

有線より無線接続。となるのはごもっともだと思いますが、ここぞという時に速度を高めたいのであれば、パソコンであれば有線接続を試してみても良いかと思います。(無線LANルーターが古くなっている人は特に効果あり)

まとめ

  • 「下り」=インターネットの速度の指標
  • 使い方によって、下りと上りに分かれる
  • インターネットの速度が低下する条件は様々ある