ネットをお得に申し込みたい人が最初にやってしまうNG例3選

得する申し込み方法

私は元々、某家電量販店でインターネットの販売員をやっていました。

その時の経験から、インターネットの契約内容を見ればどんなメリットがあって、どんな落とし穴がありそうかが大体予想が付くようになりました。

今回から全部で10回にわたって「インターネットで得する申し込みのやり方」を解説していきます。

過去にインターネットの加入で失敗してしまった方、余計なオプションサービスが沢山付いていて余計なお金を支払ってしまっていた方、インターネットの申し込みでだまされた経験をお持ちの方等々、あまり調べずにさっと契約してしまったがために、後々公開した経験をお持ちの方は、ぜひこの10記事講座にてインターネットの知識を身に着けていただき、

ご自身にとって最適なインターネットサービスに加入できるようになってください!私はそれを全力でバックアップいたしましょう!

それでは第1回は、インターネットの申し込みの知識がない方が、最初にやってしまう申し込み方法のNG例を3つ挙げてお話ししてみます。

 

1.【集合住宅の方限定】フレッツ光に加入してしまう

今のご時世、最もやってはいけないのは、これから集合住宅に住まれる方で、管理者の大家さんや不動産屋さんから、「この物件のインターネットはNTTさんのフレッツ光が使えますよ!」と言われ、安易にフレッツ光に申し込んでしまう

これは完全にNGです。

フレッツ光は数年前まではインターネット界の王者のような存在でしたし、今でも回線速度は問題なく使えると思います。が、数年前からNTT東西のフレッツ光は「光コラボレーションモデル」という新サービスを打ち出し、簡単に言うとNTTが持っている光回線を他の業者に卸売りするビジネスモデルが台頭。その後NTTはそちらに本腰を入れて取り組んでいるため、自社サービスであるこれまで通りの「フレッツ光」は申し込み特典が激減。事実上値上げが行われ、お得なインターネットサービスではなくなっています。

それではマンションやアパートの管理者から「フレッツ光」が使える。と聞かされた住人は一体どうすればいいのか?答えは「光コラボ」のインターネットに申し込む。という事です。

じゃあ、その「光コラボ」ってどんなサービスがあるの?と思った方。

簡単に言うと、大手ならauひかりNURO光電力系(コミュファ光、eoひかりetc..)以外は大体この光コラボモデルです。

例えば、Softbank光(Yahoo!BB)もそうですし、OCN光(NTTコミュニケーションズ)もそう。挙げだしたらきりがないですが、

  • ドコモ(NTTドコモ)
  • ぷらら(NTTぷらら)
  • So-net(ソニー)
  • nifty(富士通)
  • Biglobe(NEC)
  • 楽天
  • U-NEXT
  • DTI
  • DMM

等々、元々フレッツ光時代にフレッツ光のプロバイダー事業を行っていた会社はほとんどがこの「光コラボ」に参入してきていますね。そして、各社契約内容や料金形態が異なりますが、ほぼすべてのサービスが「」フレッツ光より安いですし、キャッシュバックも多くもらえたりします。なので2017年の現時点ではフレッツ光を申し込むメリットは0に等しいと言えます。

よって、集合住宅の管理者に問い合わせたときに「フレッツ光」が使えますよ!と言われても、安易にフレッツ光を申し込まないようにしてください。

 

2.電話でインターネットの申し込みをしてしまう

 

私がインターネットの営業をやっていた時も、たまに「電話で申し込みを済ませてしまった。」とおっしゃる方がいて、そんな時は申し込みの特典はありましたか?と確認していたんですが、大体が当時の家電量販店のキャッシュバックより金額が少ないか、もしくは0円という方もいらっしゃいました。支払う月額は一緒なんですよ?

このように申し込み方法が少し違うだけで、貰えるキャッシュバック額や月額良品に差が出てしまうのがインターネットの世界なんすが、そんなことは一般の方は知りもしないですよね。特に電話で申し込みを済ませてしまう方の多くが所謂、情弱と呼ばれる「お得な情報を持たない、知らない年配の方」が多かったのが事実です。

全てではないと思いますが、基本的に資本主義の原理が働く限り、自分から進んで申し込みをしたがっている人には業者も高いお金を支払う意味がありません。可能であれば、インターネット事業者が一件でも多く契約が欲しい時期や申し込みチャネルで申し込みをする方が、キャッシュバック額が多かったり、お得にインターネットを使う事が出来るんです。

例えば今の時代であれば、よく「インターネットからのお申し込みがお得です」というコピーを見かけますよね。それというのは、インターネットから申し込んでくれた場合、最も事業者側が経費が掛からないやり方なので、その申し込み方法をやってくれるなら、キャッシュバックを上乗せするよ。みたいな意味合いになっているんです。事業者は常に申し込みを受け付けるにあたっても人件費がかかっている為、少しでも効率よく進められる申し込みチャネルを強化しようと画策しています。それが今の時代はインターネットだという事です。

 

3.【田舎の人注意】家電量販店で申し込みしてしまう

 

都会の電気屋はまだ活気があっていいのですが、特に田舎の場合は十店舗で買い物をする人がどんどん減ってしまい、家電量販店からも足が遠のいてしまっているため、今の田舎の家電屋さんでは最適なインターネットサービスの申し込みができない可能性が高いです。

上でも書いた通り、2017年現在、とても多くのインターネット接続サービスが存在しているわけなんですが、そのうちのほとんどが田舎の家電量販店からでは申し込みする事ができず、全てインターネットからの申し込みに絞ってきています。その分経費を浮かせて営業効率を高めていっているため、月額料金が安くできているんだと思います。

それプラス、家電量販店でよく行っているインターネットやスマホなどの通信量の「特価」ですが、これも多くのお客さんの来店が見込める大規模店舗でしか実施されないことが多いので、地方の小規模店舗ではそれも望めません。

やはり地方暮らしの人ほど、ネットで正確な情報を集めて、地元の業者でない限り(ケーブルテレビインターネットなど)極力インターネット上から申し込むように心がけたいですね。それがなんやかんや最善の申し込み方法になる気がします。

 

おすすめのインターネットサービス

 

最後に、私が自信を持っておすすめできる高速インターネットサービスを二つ紹介します。

基本的には一戸建ての方がメインになるかもしれませんが、もしかしたら契約できるかもしれないので、集合住宅にお住まいの方も良ければ不動産屋さんに次のインターネットサービスが使えるか?問い合わせてみるといいと思います。

まず一つ目におすすめなのは、

NURO光です。

 

NURO光

 

世界最高速度を誇るNURO光は、使えるエリアが限定されるので、もし申し込み可能なんであれば真っ先におすすめするインターネットサービスです。

2017年12月5日現在、申し込みが可能なエリアは、新しくサービス提供が決まった(開通は2018年から随時)関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良)と、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)詳しくはこちら↓



そして、元から使える関東エリアのみです。

関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城)

NUROはまず第一に速度が他の光回線と比べても圧倒的に速く使えている。ってユーザーの声をネットで拾う事が出来ますし、インターネットは値段が一緒なら何が大事って、ほぼほぼ速度が勝負所なので、やっぱり一番おすすめしたいのはNUROです。私も今住んでいるところでNUROが使えるなら何も考えずにNUROにしたいのが本音です。

参考記事

NURO光が爆速過ぎてマジでビビったww
これまで、NURO光が使える環境に住んだことがないので、実際に自分でNURO光に繋いだことがないのですが、 先日Youtubeで「NURO光」で検索していたら、驚くほどの実測値を叩き出している動画を見つけましたww 正直、下り(...

 

お申し込みはこちらからどうぞ。

↓↓

NURO 光

 

そして、次に私のようにNURO光が申し込めないエリアに住んでいる方に、これまたNURO程ではないにしろとてもいいよ!とおすすめできるネットがこちら!

auひかりです。

 

auひかり

 

auひかりは速度こそ、その他の光回線と同じ水準ですが、NTTの光ファイバー線と比較して混線具合が違うらしく、私の知人でもフレッツからauに変えてみて速度が上がった。という人が多かったので、昔から気になっていたインターネットです。

もちろん個人的な印象だけではなく、auひかりのメリットの一番大きなところは、とにかくキャンペーンがもりもりで、なんやかんやと計算していくとものすごく安くなったり、特典の総額が思っていた以上に大きな金額になっていたりと、ユーザー目線でうれしいキャンペーンの多さが魅力です。auひかりほど様々な細かいキャンペーンを打っている光回線も珍しいと思いますよ。

それと、auひかりは申し込み出来るエリアも日本全国なので、田舎にお住まいの方でもauひかりさえ使えれば、快適なインターネットライフが得られる可能性がぐっと上がります。

 

お申し込みはこちらからどうぞ。

↓↓

auひかり

 

まとめ

いかがでしたか? インターネットをお得に申し込みたいにもかかわらず、初心者の方がやってしまうNG例を3つご紹介しました。次は、インターネットでお得に申し込みをするための2ステップ目を紹介しますよ!