DELLのノートPCがMacbookに劣っている事はどんな事がある?

DELL

使っていた富士通のデスクトップが古くなり、

DELLのノートPCを公式ストアから通販したのが去年の10月。

今月で約10か月が経過した。

購入するときは予算と相談しながら、

Macbookの13インチと比較していたが、迷った末

DELLのノートPCを購入するに至ったわけだ。

 

New Inspiron 15 3000 (3573) (2018年6月29日発売)

デル株式会社

そんなわけで今回は、購入から約1年が経過して、

実際に使ってみたからこそ分かる

DELLのノートPCがMacbookに劣ると思われる部分

これについて言及していこうと思う。

気になる人も多いのではなかろうか?

あくまで個人的なポイントになるという事はご了承いただきたい。

DELLのノートPCがMacbookに劣っている事

液晶(の美しさ)が全然違う

私のこのパソコンの使い方はオンオフ兼用。

その為、日中はブログを書いたりYoutubeの動画を作ったりで使用するし、

夜になればYoutubeで動画を見たりする。

そんな使い方をしているDELLのPCだが、

買ってすぐに気が付いたMacbookとの大きな違いがある。

それは液晶の色の出方。キレイさだ。

Macはよくレティーナディスプレーという言葉を謳って、PCやタブレットの

液晶のきれいさを売りにしている。

ただ、実際購入して使うまでは、「どうせ大した違いはないでしょ?」

それくらいに思っていた。

が、実際使い始めてみると、

色の彩度(あざやかさ)が全く違う事におどろいた。

どちらかと言うと、それまで使っていた富士通のデスクトップPCが

Macbookに近い光沢感のある彩度が強い液晶だったため、

猶更そこから変わったDELLのノートPCの液晶はくすんで見えた。

結果:DELLのノートPCは液晶が鮮やかではなかった。

めっちゃ重い

これまでMacもPCもデスクトップ派だった私は、

DELLのノートPCで初めてノートデビューをした。

当然、PCを外に持ち歩く経験が無かったので

PCの重さに関しては持論が全くと言っていいほどなかった。

その為、Macbookの軽さ自慢にはイマイチ実感がわかず、実際にPCを持ち運んでみるまでは

軽さによるメリットをそこまで重要視していなかった。

ただ、実際に外仕事の際にカバンに入れて持ち運んでみているが、

手提げかばんだとDELLのノートPC(15.6型)は圧倒的に重い。

バッテリー含め1㎏そこそこのMacbookや、13インチの軽量Macbook Proと比べると、

その重たさは明らかだろう。

サポートはとても充実している

アップルのPCやスマートフォンを使用していれば、どこかのタイミングでサポートに問い合わせをした事があるかもしれない。

使ってみると分かるが、アップルのサポートはとても親切で分かりやすい。

値段が高い分、サポートがしっかりしているのもMacbook(アップル)の強みと言うわけだ。

ただ、これに関してはDELLも負けてはいない。

以前、PCの電源を入れるとバッテリー関係のエラーメッセージが出てくるのが気になって、

DELLのサポートに問い合わせをした事があった。

日本語が若干片言な外国人らしき人が対応に当たってくれたが、

言葉の端々はとても丁寧だったし、対応の中でもたついていると感じる事も無かった。

解決して数か月後に忘れたころに電話してきてくれて、

「その後はどうですか?」

と気遣ってくれるようなフォローもしてくれる。

とても安心だし、信頼できるポイントだな。と思った。

DELLのノートPCは値段が安いので、購入前はその辺がざるかもな。と覚悟していただけに、

嬉しい誤算だったと言える。

見た目が若干安っぽい

アップルの製品が見た目に美しく、

とてもスタイリッシュであることは言うまでもないだろう。

じゃあDELLのPCはどうかと言うと、

正直Macbookより値段が安い分、

全体的に高級感がないのは否めないと思う。

ただし、私が選んだインスピロンの15インチモデルは全体が黒で統一されている為、

デザインの悪目立ちが無く、

高級感こそないが、ダサくもないといった仕上がりで、

個人的には値段相応ではないかと思い、とても満足している。

ただし、トラックパッドやキーボードは、使用している内に指の油が移って

テカってくるので、その辺はちょっと。。と思ったりもした。

iPhoneとの互換性

スマホがiPhone(アイフォン)なら、マックを使わないといけないのではないか?

と考えている人が居るかもしれない。

確かに、身の周りをアップル製品で揃えておくことによるメリットは大きいと思う。

イヤフォンもワイヤレスのエアーポッズであれば、

切り替えなしにペアリングできるのも強みだろう。

 

しかし、そんなプラスワンランクを望まなければ、

DELLとiPhoneでも十分うまくやっていける。

iPhoneに撮りだめた写真や動画は基本PCに移行できるし(タイムラプス動画で不具合があるが)

iTunesも使えるので、バックアップや音楽の管理もばっちりOKだ。

標準の動画編集ソフトはimovie(アイムービー)がうらやま

しい。

DELLのノートPCにもパワーディレクター(PowerDirector for DELL)なる

編集ソフトが入っていたが、

動画の時間が長かったり拡張子が合わなかったりすると、アップデートを求められて

追加の課金が必要になった。

Macであれば標準の動画編集ソフト、アイムービーが初めから入っているので、そこは素直にうらやましいと思った。

後はそんなに思いつかない..

細かい事を上げればきりが無いとは思うけれど、

基本的には慣れてしまえばどうと言う事は無いかなー。と言うのが

正直な感想だ。

だから結論としては、

金銭的に余裕のない人なんかは無理してMacbookを買う必要は無いと思う。

単なるブランド志向だけでMacを買っても使いこなせないだろうし、

だったら同じ値段でWin機をアップグレードすることだって出来る。

Macbookはあくまでお金に余裕があって、外身も気にしたい人向けなんだな。とあらためて思ったのであった。

New Inspiron 15 3000 スタンダード (即納モデル)New Inspiron 15 3000 スタンダード (即納モデル)
おしまい。